看護学校の受験・試験勉強のイロハ。これで私は合格!

Pocket

看護学校の受験・試験はそれほど難しいとは思いませんが、やはりそれなりに対策があると感じました。

ここでは、私がやった看護学校の受験対策、試験に向けた勉強法を教えます!

論文対策として日頃からニュースを見ておく

まず、看護学校に必ずある受験科目の論文。

個人的な意見ですが論文が最も重視される気がします。

「看護とは」「最近みた医療ニュースについて」など課題が出されます。もちろん、課題は事前には教えられません。

文章を時間内に書くために書く事に慣れておく必要があり、どんな課題が出ても共通して書ける事は必ずある為、ある程度の用意は出来るはず。

日頃、医療ニュースは注意深くみておく事はとても大切で、やはり看護師として働きたいのだから関心は持って当たり前です。面接のときにも役立ちました。

通信講座で勉強

私は自分で看護学校受験に向けての教材(通信講座)をインターネットで買い勉強しました。

勉強したものや模擬試験などを送り、添削してくれて返ってくるといった形の教材です。

半年で10万円くらいの通信講座でした。

私は勉強が続かず飽きやすいので、ノルマがあり、期限内に提出といった勉強法がピッタリきて楽しくできました。

看護学校の受験は難しくない

社会経験があって、一般常識があれば正直そこまで試験内容は難しくないのが事実。

私が受けた専門学校の話ですが、日本人であれば国語はそれなりにできるでしょう。英語も小学生か、中学生レベル。

そもそも英語がそんなできる人が看護学校を受けません。

平均点もおのずと低いと思います。

国語、英語で大差ないなか受かる人、落ちる人でてくるのは論文以外に、面接です。

必ず聞かれるのはなぜ看護師を目指したのか。

社会人から転職するくらいなので、必ず意見はあるはず。それを面接官に伝えればいいだけ。

看護学校受験は決して難しいものではなかったなという印象でした。

Pocket