なぜ華やかなCAから過酷で重労働な看護師に?

Pocket

内山様より

CAの方が看護師にと不思議でした。

なぜならば看護師の仕事は、過酷な勤務にイジメ、低賃金に重労働など、悪い部分が世間に浸透しています。

それに対しCAは、華やかな世界で、高給取りで、美人で玉の輿に乗れて…と。

元CAの看護師が増えれば、世間の看護師への評価も高くなるものと期待しております。

あんみつ姫よりお返事

貴重なご感想ありがとうございます。

CAを辞め、看護師への方向転換を決意した際、同じような反響を受けました。

確かに看護師の仕事は長い労働時間や、過酷な仕事内容と言われます。

一般的に過酷と言われる事のメインは下の世話や汚物処理ですね。

亡くなる方を目の当たりにしたり、人間の儚さを直で感じるため、精神的にダメージを受ける方も多くいらっしゃいます。

ですが、患者様のベッドサイドで寄り添うのが主な看護師の仕事、みんながみんな元気になって退院できるわけでは勿論ございませんが、日々の小さな変化や、生きる人間の強さを同時に感じる事が出来ます。

それは何ものにも変えられない貴重な経験だと思います。

そして何より、大変感謝される仕事だと感じます。

綺麗で、華やかで、海外旅行がいつでも出来るなどなど、CAのイメージは良い部分が表面的になっているようですが、人によっては「CAは空飛ぶウェイトレスだ」と呼ぶ方もいらっしゃいます。

仕事内容はいまやトイレ掃除から何から何までする時代です。

気圧に耐えながら紫外線地獄でどちらがいいとも言いがたいのが実際です。

CAとしてちやほやされ、甘い蜜をすって生きていたと言う事は事実は確かにあります。

それが忘れられずしがみついているおつぼね様も多くいらっしゃいます。

でも、そこでこのまま人生終わりたくないと思った当時の自分がいました。

長く働けば自分のポジションが上がり、後輩も増え、居心地は良くなるのはどの世界でも同じですが、CAの世界は顕著に現れると思います。

仕事上役に立つであろうワインソムリエの資格をとるなど、CAの世界の中でも成長の仕方が色々ありますが、自分にとっては違ったのです。

自分は今選んだこの道で、看護師として働き、学ぶ人間臭さにとても魅力を感じます。

お問い合わせ・質問・感想はこちら »

Pocket