知られざる病院からの奨学金制度、もらった期間働けばチャラ

Pocket

看護学校に入学してからしばらくすると、奨学金の説明会が開かれます。

この看護師不足の時代、どの病院からも看護師は引く手あまた。

奨学金制度とはその病院が奨学金を払ってあげた期間、そこの看護師として働き続けなければならないと言う契約です。

つまり、看護学校1年から3年までの3年間奨学金をもらえば、その病院で3年間働けば奨学金はチャラになると言うこと。

逆に言えば途中で辞めた場合、その残りの期間分のお金を返すということになるのです。

どうせ卒業して何年かは総合病院で働くのだから、これは絶対貰っておいた方が得だと私は思います。

私は3年生から貰いだしました。なぜかと言うと実習病院を色々みて、じっくり決めたかったからです。

ある程度それぞれの病院の特徴を知ってからその病院と契約しました。

ちなみに、必ずしも行きたい病院から奨学金がもらえるとは限りません。やはり人気の高い病院はあります。

作文と面接で大抵決まるのですが、それぞれその看護学校から何人とると言ったように定員数が決められているため奨学金をもらえない人も出てきます。

どうしてもそこの病院に行きたいならば普通に受験することですね。よっぽどの事がないかぎり落とす事はないと思います。

奨学金のもらえる値段ですが、平均的に月3万円くらいです。

古い病院やら人気低迷病院などは、5万〜8万円ほど出してくれる所もあります。

ただし、高い値段にはそれなりに訳もあったりするので、そこはきちんと調べる事を勧めますね。

金銭的に苦しいならば、奨学金が高いところへ行ってもいいのでないかなと思います。

どんな病院に勤めていても看護師としてつく経験は同じでので、自分が働く環境にそこまで固執しないならば問題ないと思います。

Pocket