年齢を気にしちゃいけない、看護師転職は賢い選択

Pocket

私は27歳でこの看護師業界へ入りこみました。

結婚できなくても自分で稼いで生きていけます。

定年なく健康であれば生涯働けるおいしい仕事なのは間違いない。

しかしやはり年齢は気になりますよね、働いている先輩は基本年下です。

でも看護師としての経験が上、文句は言われ、ため口たたかれ、嫌な思いは多々ある。

でもそれが社会、自分はいくつであろうが新人は新人、仕方ないことです。

そこはいつか自分が経験を積めば変わってくるはず。

そう信じて、とにかく新人として1年間は、忍耐、そして我慢です。

違う業界で働いた経験が役に立つ

看護師として働くと、さまざまな患者さんに出会えます。

そんなとき、私は一度違う業界で働いた経験はものすごく役に立つと思っています。

まず、一般常識が看護師経験しかない方々はぬけている事が多いのです。

いわゆる一般企業に務めたら必ずある新人教育なるものがありません。

こんな事言ったら怒られそうだが、言葉遣いから始まり、社会では通用しないレベルな事も許されてしまう世界。

明るく元気なのは良いのですが、目上の患者様に対し、タメ語であったりする事も多々。

患者様もお客様というわけではないが、病院も経営の視点からみると患者様がいなければ病院も成り立ちません。

マナー、接遇は最低限必要なものです。

病気や怪我とはいえ、もちろん会話は日々繰り広げられます。

また、多職種での経験があれば幅広い会話もできますしね。

英語は武器になる

私の場合は病棟内で英語が話せるのは私だけという長所があります。

外国人患者が入院してきた時には自分の出番です!

先輩方が逆に何もできずに私を頼ってくるのです。

なんでもいい、自分に何か取り柄があれば必ず活かせる時がやってくるのだなと痛感しました。

何もできない、まだ使い物にならない肩身のせまーい私が、外国人の患者さんが来た場合だけはHEROになれるのです。

不景気でも看護師という資格はずーと使える

看護師になって本当に良かった、とはまだ正直言い難いですが、そう思えるように日々生きています。

自分がこの道を選んで正解だったか、そんなものは誰もわかりません。

でも思えることがやっぱりこの資格は使える。

転職サイトが数多くあって、たまに見てみると、仕事なんぞ腐るほどあふれている。

この職種ぐらいなんじゃないだろうか?

この不景気の時代に仕事が有り余っていて、私たちのもつ正看護師を雇いたい施設、病院、はたまた企業までも、働く場所、内容、一つの資格でどんな風にも転がれる、持っていて損は絶対ないなと思います。

自分は大きな病院でずっと働いていこうとは考えていません。

経験を今はとにかくつけたい、そうすればどうにでも転べるから、そう思うとどんな事でも我慢できますね。

自分の将来、どう生きていきたいか、どんな暮らしがしたいか、ここで数年頑張れば道はいくらでも開けていけるので、とにかく将来が楽しみで仕方ないです。

Pocket