CA(客室乗務員)から看護師になった今、これからの将来プラン

Pocket

CA(飛行機の客室乗務員/スチュワーデス)から看護師へ転職し、私の人生はここまで全てプラン通りです。

高校の時にアメリカへ留学をし、英会話をある程度マスター。

そして、航空会社で実際英語を使っての仕事についた。

看護学校へ通いなおして、今は看護師として働いている。

私は救命救急病棟で勤務している。どうしてもこの科にいかなければならなかった。

それは将来、船上看護師として働くことが最後の目的だから。

救命救急は第一線で活躍できる看護師として成長できる。

船の看護師は船上で出た傷病者の看護にあたる。つまり第一次救命ができなければならない。

病院からどの科にいきたいか希望聞かれたときに、第一希望から第三希望まですべて「救命救急」と書いたのだ。

こんな事を書く人は他にはいないであろう。

でも私は遠回りはしたくなかった。どうしてもプラン通りに事を進めたかったから懇願した。

そして、晴れて救命救急病棟への勤務を果たした。

そして、船といっても私の働きたいのは世界一周をする豪華客船。

乗務員は外国人が多いため、英会話ができなければ職員同士コミュニケーションがとれない。

つまり、私は自分の最終目標の為に立てたプラン通りに「救命救急での看護師経験」と「CA(客室乗務員)としての経験」とをうまくつなげていっている。

ただ漠然と転職するだけではもったいないと思います。

自分が転職してもその先にどんな人生を描いているのか、それを考えると今自分が起こすべき行動が見えてきます。

こうして私は今着々とさらなる大きな夢へと向かって進んで行っています。

Pocket